レクリントのロゴの画像

1.レ・クリントについて

LEKLINTの画像
LEKLINTの画像
LEKLINTの画像

1901年、デンマークの著名な建築家P.V.イェンセン・クリントは、日本の折り紙をヒントにオイルランプのあかりを調節するための手づくりのプリーツシェードを生み出しました。クリント家の趣味の延長としてつくられたこのシェードは規則的な折りが美しい陰影を生み、レ・クリントの原点にもなっています。

機能的にも優れたあかりの名品として世に知られるようになり、1943年にレ・クリント社は創立されました。

 

60周年を迎えた2003年には、デンマーク王室御用達にも選定され、格式の高さがある一方で北欧の一般家庭で愛用される身近な存在でもあり続けています。そして2018年、レ・クリントは創立75周年を迎えました。

 

2.Made in Denmarkの職人技

LEKLINTの画像

シェードは、創業時から変わらず現在もデンマーク第3都市オーデンセにある工房で、熟練した折り職人によってひとつひとつ丁寧につくられています。この基礎技術の習得に3年、一人前になるのに10年以上かかるといわれています。工房には、金属や木工専門の職人も在籍し、フロアランプやテーブルランプも一貫して作られています。

1枚のプラスティックシートを手で折りあげるハンドクラフトの美しいフォルム。レ・クリントの暖かい光とやさしい影は、こうして生み出されているのです。

LEKLINTの画像

3.シェードのお手入れ

レクリントの画像

意外と知られていないレ・クリント(プラスチックシェード)のお手入れ方法をご紹介します。

ホコリを払うだけで日常のお掃除は充分です。でも、プラスチックシェードは取り外して丸洗いすることもできます。薄めた中性洗剤で軽く洗い、水洗いをして、カタチを整えてから陰干ししてください。(※ペーパー製は水洗いできません)

 

 

 “レ・クリント オフィシャルウェブサイト”

https://www.leklint.com/

4.代表的なデザイナー

Tage Klint

(ターエ・クリント 1884-1953)

1943年、クリント家伝統のプリーツ技術を会社設立により普及させ、レ・クリントの基盤を築いた起業家。デザイナーとしても活躍し、そのランプデザインは、今もレ・クリントの代表作として存在しています。

 

Kaare Klint

(コーア・クリント 1888-1954)

デンマークの先駆的建築家、家具デザイナー。ペンダントランプ101や、上品なたたずまいのテーブルランプ306などが代表作。著名デザイナーにも影響を与え、デンマークデザインの祖とも呼ばれています。

 

Poul Christiansen

(ポール・クリスチャンセン 1947- )

以前のランプシェードはプリーツ上で直線的に折られていましたが、ポールは、数学的なカーブで折るとランプシェードが美しく独特な彫刻的フォルムになることを見つけ出しました。最も有名な作品は、折ったときにランプシェードを形づくるように正弦曲線を集めて開発したmodel172 に代表されるサイナスラインのシリーズで、40年を経た現在もLE KLINTのベストセラーであり続けています。

 


5.北欧に学ぶ“あかり”

LEKLINTの画像

長く厳しい冬を過ごす北欧の生活。そんな夜の時間を少しでも心地良く過ごすため、育まれてきた北欧の照明たち。本を読んだり、食事をしたり、あかりは寄り添うように北欧の人々の暮らしを照らしてきました。

あかりに強弱をつけて空間を区切ってみたり、光と影のグラデーションで奥行き感をもたせて暮らしを愉しむ。あかりに向き合うことは、暮らし方そのものを考えることに繋がるのです。


HACO ACCESS

 ◆HACO STORE < CAFE・SHOP >

営業時間/10:00~18:00(火曜・水曜定休)  TEL:054-236-4511

所在地/静岡県静岡市駿河区敷地2丁目12-2

 

■しずてつジャストラインバスをお使いのお客様へ

静岡駅南口22番乗り場より乗車 ①石田街道線12(下島経由、敷地北経由)東大谷行き ②石田街道線14(敷地北経由)久能山下行き

最寄のバス停は下島北または敷地2丁目となります。