メモ: * は入力必須項目です


ハコイエOPEN HOUSE

6月4日()、5日()10:00‐17:00

静岡市葵区城東町

 

駅近の30坪の土地に建つ、SE構法による50坪・3階建て都市型ハコイエが登場。

駅近30坪の土地に、木造ラーメン構造「SE構法」による50坪・3階建てのハイグレードな都市型ハコイエが登場。

SE構法による奥行きにゆとりのあるビルトインガレージ、また、2階から屋根まで続く約7mの吹抜けバルコニーが、都市部ながら光と風を感じる開放感を

実現。注目の耐震構法によるハコイエです。

  

敷地面積:100.07㎡(30.27坪) 

施工面積:159.97㎡(48.40坪)

間取り:3階建て / 4LDK / ビルトインガレージ / 吹抜けテラス / ゴルフルーム

 


ハコイエ OPENHOUSE

ポイント

 

1. ビルトインガレージ

 

 

今回のハコイエは、1階がビルトインガレージ、2・3階がLDKと寝室という間取り。

ビルトインガレージは奥行き約6.4mと深く作られており、お車のほかに屋外用のアイテムが一緒に収納できる余裕のある空間です。ビルトインガレージの利点は、雨の日でも車の乗り降り、荷物の積み下ろしが容易にできること。都市部の場合は駐車場を別途借りるケースが多いですが、ビルトインガレージであれば駐車場が家と一体化。限られた土地面積を有効に活用し、居住スペースとのスムースな行き来が可能となります。また、車が趣味の方にとっては、日差しや雨風から車を守りながら作業ができる、QOLの高い価値ある環境が作れます。

 

 

2. 2階から屋根まで伸びる約7mの吹き抜けテラス

  


 

住宅が密集する都市部では、家の採光をどこから取るかが問題となります。今回のハコイエでは、2階から屋根まで続く吹抜けテラスと、外壁に使ったアルミ製の格子壁で解決しました。テラスは、リビングから続くアウトリビングとして、また「都市の庭」として家に開放感を創出。幅4.5m、奥行き2.7mの空間が、約7m上の屋根まで伸びる様子は圧巻です。アルミ製の格子壁は、外観にアクセントを加えるだけではなく、外からの視線を遮りつつ「透かす」ことで光と風が通る空間を実現しました。

 

 

3. 幅広のLDK / 二の字型オーダーキッチン

 

 

2階LDKは、幅4.5mの柱のない約20帖のワンルーム空間。家族の団らんを広々とした空間で楽しむことができます。

キッチンは表面にナラ材の木目を採用。床材と合わせた色味が統一感を感じさせます。キッチン設備はHACOオリジナルアイテム「simple kitchen」「simple cupboard」をベースに、完全フルオーダーで作成。無駄のないデザインに大容量の収納力を備えました。

HACOオリジナルアイテムは北欧家具との相性も抜群。ダイニングには北欧家具の代表的チェア「CH24」(通称:Yチェア)や、木材と金属の融合が美しいデザイン「CH88P」を配置。北欧家具の活きる落ち着いた空間も、HACOの得意とするコーディネートです。

 

 

4. 雨の日に頼もしいガス乾燥機「乾太くん」

 

2階LDKの脇に設置した洗面所には、ガス乾燥機「乾太くん」を設置。

共働きで時間がない、アレルギーで外に干せない、虫が苦手など、お家を建てるときに衣類乾燥機を設置する方が増えています。

「乾太くん」の特徴は、乾燥時間と除菌効果。8kgの洗濯物なら約80分(コスト:1回102円)、5kgのものなら52分(コスト:1回63円)でスピード乾燥。電気式の約1/3の時間で乾くため、家事にかかる時間を大幅に削減できます。

また、80℃以上の温風で乾かすため、外干しや日光消毒でも消せない洗濯物のニオイも取り除きます。生乾き臭の心配はありません。

梅雨に向かうこれから時期に、家事に最も役立つ設備です。

 

 

5. 3階に配備した余裕ある収納空間

 

 

3階は寝室を中心にした間取りに、4帖の納戸、3.5帖のウォークインクローゼットを完備。約16帖のフラットな寝室は、HACOオリジナルアイテム「simple move partition」によって間仕切ることで、自由に間取りを作ることができます。お子様が小さいときは、3人並んで眠れるように隅に寄せ部屋を広く利用。お子様が大きくなれば、10帖の主寝室と5帖の子ども部屋になるよう、部屋の間に置いて空間をセパレート。「可変性と収納」を実現させるハコイエならではの空間設計をご覧ください。

 

 

6. 圧倒的な強度を持つ木造耐震構法「SE構法」

 

 

今回のハコイエで採用したSE構法は、強靭な集成材、高い耐久性を持つSE金物、一棟ごとに実施される構造計算によって、最大では8,4mの広い間口、4mの天井高を実現することが可能です。

これまで1万棟余りの家が建てられる中、新潟中越地震(2004年)、東日本大震災(2011年)、熊本地震(2016年)などの大地震で、SE構法による家は倒壊ゼロを達成しています。地震や台風などの天災への耐性は「構造報告書」にて保証。構造躯体の安全性、耐久性は数値で証明され、検査・保証された上で書類化され、この書類が将来にわたって家の価値を証明する証となります。大地震への懸念がある東海地区において、性能への保証は安心して住む根拠になるとともに、資産としての住まいという視点でも大きな価値を持ちます。

 



※今からご相談のお客様で、最短のハコイエご入居は2023年4月予定になります。

※施工エリアは、静岡県中部 (静岡市、焼津市、藤枝市、島田市、榛原郡吉田町、牧之原市)です。

※新型コロナウイルス感染予防対策をしております。十分な換気、アルコール消毒液の設置、三密を避けご予約制とさせて頂いております。

対応スタッフが少人数のため、お時間の調整をお願いする場合がございます。ご了承ください。