ハコイエ外観の画像

ダミーテキスト

敷地面積:  .  ㎡(  坪)

延床面積:113.83㎡(34.43坪)

2階建て/ 3LDK+吹抜け+書斎+和室+WIC

Produced by HACO

 



Atrium / Living

House with hobby room living
House with hobby room wood deck
House with hobby room wood deck 2


Dining / kitchen

House with hobby room living

キッチン:HACOオリジナルアイテム「Simple Kitchen」

カップボード:HACOオリジナルアイテム「Simple Cupboard 5346」

ペンダントライト:Louis Poulsen「PH5 Monochrome」

ダイニングテーブル:Carl hansen & son「CH006」

椅子(手前):HAY「AAC22」

椅子(奥):Carl hansen & son 「CH24」"Y Chair"

電子レンジ:BALMUDA「BALMUDA the Range」

トースター:BALMUDABALMUDA the Toaster」

 

 

【AAC22について】

HAYは2002年、ロルフ・ヘイとアパレルグループの「Bestseller(ベストセラー)」によって立ち上げられた、デンマークのインテリアブランド。

「AAC」とは「ABOUT A CHAIR」の略。ポリプロピレン製の頑丈なシートは、アームレストと一体型の美しい曲線をもつ背もたれに

なっており、柔らかな印象と一体感のあるシルエット、快適な座り心地を生み出しています。

 


スツール:Werner「Shoemaker Chair」

テーブルランプ:Louis poulsen「AJ Table」

 

 

【Shoemaker Chairについて】

製品化したのは1970年代、「Werner」現オーナーであるラース・ワーナー氏の父親。

椅子自体の起源は15世紀北欧にまでさかのぼると言われています。

平らな座面の牛の乳搾り用のスツールとして使われてたものが、靴職人が座り心地を良くする為にお尻のかたちにあわせて

削ったことがきっかけになり、それにインスピレーションを得て現在のかたちに近づきました。これが「シューメーカー」と

呼ばれる所以。長時間座っていても疲れにくく、3本脚なのでがたつきにくい設計です。

 

【AJ Tableについて】

デンマークのデザイナー・アルネ・ヤコブセン(1902-1971)が、コペンハーゲンにある「SASホテル」(現:ラディソン

コレクションロイヤルホテル)のためにデザインした照明。翌1960年にLouis poulsenから商品化。

発売から半世紀を経た現在でも、ミニマルで洗練されたフォルム、ランプが放つ柔らかな光により、多くの支持を得ています。

 

  


Walk in Closet / Washroom

 

玄関裏の土間からつながるウォークインクローゼット。

土間空間には大容量の可変棚を設置。

ウォークインクローゼットにはハンガーパイプのほか、

上下にも収納スペースを完備。

家族の衣類、荷物が一手に収納できる空間です。

 

House with hobby room wood deck
House with hobby room wood deck 2

House with hobby room living

Study(書斎)

House with hobby room living

テーブルランプ:Louis poulsen「Panthella Portable」

 

【Panthella Portableについて】

1971年、ヴァーナー・パントンによる設計。

乳白色による半球シェードから、柔らかく眩しさのない光を拡散するテーブルランプ。

充電式モデルのため、電源コンセントが限られる場所でも、場所を選ばず持ち運びが可能。

プロダクトのデザインと光の品質、両方を保ちながら、どんな場所でも優しく繊細な光で空間を照らします。

 

 

House with hobby room wood deck
House with hobby room wood deck 2


Entrance

House with hobby room wood deck
House with hobby room wood deck 2