内装仕様 BOX2・3

【無垢床材】

midcenturyの床材はダーク色のオーク材を使っています。色をつけるのは床材の表面を紫外線で色あせしないようする為のものです。特にダーク色はその効果も高く、永く使いこんでいくうちにきれいな木目が浮き上がってきます。落ち着いた濃い目の家具色を好まれるご家庭にむいているコーディネートです。

 

床幅90mm×厚15mm

 

オーク材とは、日本名ではナラ材とカシ材の総称になります。(主にナラ材を使っています)ヨーロッパや北アメリカでは家具やフローリング(床材)、ウィスキーやワイン樽の材料などに広く使われるほど、腐りにくく耐久性と木目の美しさが特徴の木材になります。


内装仕様 BOX2・3

【無垢床材】

hokuohの床材はオーク材の色そのものを愉しめるよう。クリアーの塗装を使っています。オーク材本来の色の濃淡が暖かみとなり木目に癒されます。また、お部屋の雰囲気をとても明るくしてくれます。木本来の色を好まれるご家庭にむいているコーディネートです。

 

床幅90mm×厚み15mm

 

オーク材とは、日本名ではナラ材とカシ材の総称になります。(主にナラ材を使っています)ヨーロッパや北アメリカでは家具やフローリング(床材)、ウィスキーやワイン樽の材料などに広く使われるほど、腐りにくく耐久性と木目の美しさが特徴の木材になります。


内装仕様 BOX2・3

【無垢床材】

VINTAGEの床材は、ボルドー産のパイン材に茶系の色をつけ更に表面に凹凸をつけ始めから時間が経つにつれて出る経年変化を楽しめる床材です。アンティークなお店のような雰囲気をつくってくれます。

 

床幅155mm×厚21mm

 

ボルドーパインとは、フランスの南西部ワインで有名なボルドー地方が原産で比較的硬く耐久性の高いパイン材です。樹齢50年で直径60cm前後に育つことで幅広材が可能な木です。さらに十分な厚みにより反りや曲がりなどが少ない床材です。


内装仕様 BOX2・3

【無垢床材】

節のある幅広のを木を使う事で、木目を際だたせ表情をより豊かにしてくれる床材です。とても暖かみのある色合いです。木目のナチュラルな家具や色の濃い家具など、どのコーディネートにも合う床材です。

 

床幅150mm×床厚18mm 乱尺 張り 

 

乱尺張りとは、300mm以上のさまざまな長さのフローリング材を張って仕上げる事です。木のつなぎ目が一枚ごとに明瞭なため、一枚一枚がより独立した形で木の雰囲気がいっそう引き立ちます。

 

オーク材とは、日本名ではナラ材とカシ材の総称になります。(主にナラ材を使っています)ヨーロッパや北アメリカでは家具やフローリング(床材)、ウィスキーやワイン樽の材料などに広く使われるほど、腐りにくく耐久性と木目の美しさが特徴の木材になります。


内装仕様 BOX1

【フローリング材】

フローリングの表面にシートではなく、本物の木を使っている床材です。無垢の良さとフローリング材の良さをかね合わせた素材で床暖房にも対応しています。