CH24 Yチェア 

 椅子の巨匠、ハンスJ.ウェグナーの代表作。1949年にデザインされ、翌年の1950年から生産を開始。60年以上に渡り生産が継続されています。「Yチェア」、「ウィッシュボーンチェア」の愛称で親しまれ、今もなお北欧モダンの名作として世界中で愛されています。世界一の椅子といわれています。

 

Yチェアは古典的ともいえる、美しい彫刻的なフォルムをもつダイニングチェアです。ゆったりとした背もたれを持つことから、くつろぐためのイスとしても最適です。この背もたれは、ていねいに一つ一つスチームで曲げ木加工で製作されています。背もたればかりでなく、Yチェアの製作工程の100以上が手作業で行われています。

また、120メートルのペーパーコードで製作される座面は、長年に渡り使用できる優れた耐久性をもっています。まさに木工技術の真髄ともいえるイスです。カール・ハンセン&サンのためにハンスJ.ウェグナーがデザインして以来、生産はデンマークで途切れることなく継続されています。

 

ビーチ・ソープ仕上げ・ペーパーコード 84,000円+税


CH006

 

 

 

ハンス・J・ウェグナーは、1950年、60年代には一般の人々がそれまで抱いていた家具へのイメージを一掃するような家具を次々と発表し人々に大きな影響を与えました。椅子のデザインを追求し、500以上のデザインをしていることから、椅子の巨匠として世界中で知られています。構造的にも意匠的にも完璧と言える接合部が、ウェグナーデザインの特徴となっていますが、これはウェグナーの素材への探究心と木材に対す深い造詣があるからこそ実現できたデザインと言えます。またミニマリスティックでオーガニックなフォルムもウェグナーデザインの大きな特徴となっています。

 

エレガントなムク材のダイニングテーブル。サイズは90cm x 1.38mから2.35mまで伸長することが可能です。伸長板は天板の両端にヒンジで固定され、来客時などに瞬時にセットすることが可能です。天板および伸長板のエッジは丸型です。伸長板は半円形です。 ハンス J. ウェグナー、1982年のデザインです。

 

オーク材(オイル仕上げ) 314,000円+税


CH88P

  CH88は1955年にハンス J. ウェグナーによりプロトタイプのみが製作されていましたが、ウェグナーの生誕100周年を記念し、2014年に発表されました。

 

CH88は、曲げ木技術を応用し、ゆったりとカーブを描く背(バックレスト)は、肘を置いてくつろぐことも出来ます木材とスチールという異素材で作り出されたミニマリスティックなデザインは、オーガニックであると同時に、インダストリアルなイメージも持ち合わせています。また、スタッキングが可能です。座面が板座のCH88T、もしくは、座面がファブリック/皮革仕上げのCH88Pのいずれかをお選び頂けます。木材はビーチ材またはオーク材、仕上げは各種から選択可能です。

 

ビーチ・レザーグループB・Thor310    72,000円+税


HAYはRolf Hay(ロルフ・ヘイ)が2002年に設立し、2003年のケルンフェアでデビューしたデンマークのインテリアプロダクトブランド。50年代、60年代のデンマーク家具デザインを大切にしながらも、新しいデザインを取り入れた商品開発を行う。北欧デザインというカテゴリーにこだわらず、インターナショナルな視点を持ち、家具、インテリアアクセサリーからデコレーションアイテム、ステーショナリーなど、ライフスタイル全体をコーディネートすることができるコレクションを展開。ホームユースのプロダクトだけでなく、ホテルやレストラン、教育施設など多くのプロジェクトも手掛けている。

COPENHAGUE DESK CPH 10

コペンハーゲン大学(KUA)の改装のためにデザインされたテーブル、多様なコーディネートに対応するシンプルな造形です。大学で使用されることを想定して設計されたため、デザイン性だけでなく堅牢さとメンテナンス性も備えています。天板には抗菌性に優れたリノリウムを使用。ホワイトオーク無垢材を使用した脚部は、四方からチェアを使うことを考慮した配置になっています。

 

COPENHAGUE DESK CPH 10  W1.6m×D80cm×H74cm

 135,000円+税

天板 : プライウッド、リノリウム

脚 : オーク無垢材(ラッカー塗装)


CHAIR AAC22

 

 

「About a chair」と名付けられたシンプルなデザインのアームチェア。人間工学に基づいたシェルの形状は、体を包み込むようにデザインされており、リラックスできる座り心地が特長です。オーク材で仕上げたナチュラルな脚部が、豊富なカラー展開をもつシェルの存在感を引き立てています。

 

CHAIR

HEY ABOUT A CHAIR AAC22 

35,000円+税

ホワイト (ソープ仕上げ) 


セブンチェアは、デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンの代表作の一つ、そしてまた、ミッドセンチュリーデザインの名作の一つ。1955年、アントチェア(アリンコチェア)の後継モデルとして発表されました。

 

本来セブンチェアはブラック、ホワイト、ビーチのみでしたが、年月を重ねる間に、建築家ヴァーナー・パントンや、画家のポール・ゲアネスなどの手により、幅広い色のバリエーションが登場しました。また、今日では色だけでなく、ラッカー、カラードアッシュ、木目をいかしたナチュラルなど、仕上げにもバリエーションがあります。

日本でもカフェやレストランやメディアで目にしている人も少なくないチェアとなっていますが、そんなことは抜きにしてまずは椅子としての素晴らしさに惚れてしまいます。外見の美しさもさることながら、成型合板が生む座った時の適度なしなりと、左右に大きく広がった背もたれが包み込む様な安心感を与えてくれるのです。

 

セブンホワイト アッシュ 52,000円+税

セブンビーチ  ビーチ  64,000円+税

 


 

 

ドロップチェアは、デンマーク コペンハーゲンのSASロイヤルホテル建築のプロジェクトとして、アルネ ヤコブセンがエッグチェアーやスワンチェアーとともにデザインしました。ただドロップチェアはホテルで使用する約200脚を製造したのみで、その後、一度も製造されることはありませんでした。

 

2014年、50年以上の深い眠りから目覚めようやく復刻を果たしたドロップチェア。 オリジナルの布やレザーのフルパディングに加え、美しい色合いの仕様も加わって復刻されました。

 

ドロップチェアー 44,000円+税

テーブルJH63   271,000円+税


イームズシェルチェアーは、発表された1948年当時のまま60年以上たった今でも、変わることなくそのデザインは受け継がれています。

 

シェルチェアーは始めニューヨーク近代美術館(MoMA)が主催したデザイン国際コンペに出展されました。発表された当時これを見て最も賞賛し高く評価した人がいます。フランク・ロイド・ライトに「落水荘」を設計依頼したアメリカのデパート王、エドガー・J・カウフマンです。(落水荘は全米建築協会によりアメリカの最重要建造物として選出されています)現代建築、美術に精通し、デパート事業でも成功していたカウフマンや国際コンペでも高く評価されたことでイームズデザインが世界にひろがっていきました。生産は現代でも続いています。愛好家も多くヴィンテージ物が現存し取引され、年代により素材も変わっています。今現在座面部分は、環境負荷の無いポリプロピレンが使われ、支えの脚部分はスチールが使われています。デザイン的には変わらず座面を貝に模しシェルと呼び、脚の部分はパリのエッフェル塔を模した形からエッフェルベースと呼ばれています。本当の意味での「不朽の名作」その存在感は大きく、日常をコーディネートするアイテムとなります。

 

イームズプラスチックシェルサイドチェア ワイヤーベース 42,000円+税

 


SO-01  フロートタイプソファー

広く奥行きのある座面と、空間に浮かびあがるようなデザインがお部屋を広く

感じさせ、お掃除も行き届きます。また、表面の布地カバーは取外しもでき

クリーニングに出すこともできます。

 

SOFA

3人掛け   W1.8m×D90cm  237,000円+税

2.5人掛けW1.6m×D90cm  232,000円+税

2人掛け   W1.4m×D90cm  227,000円+税

1人掛け   W80cm×D90cm    141,000円+税

専用クッション W75cm×D45cm 38,000円+税

すべて生地はウルトラスウェードの価格です。

 

CHAIR

HEY ABOUT A CHAIR AAC22 ホワイト (ソープ仕上げ)  35,000円+税


BALMUDA The Toasterは、最高の香りと食感を実現する感動のトースター。HACO+CAFEのトーストはBALMUDAで焼いています。ぜひ一度お試し下さい。

 

スチームテクノロジーと温度制御により、窯から出したばかりの焼きたての味を再現します。

最高のトーストとは、表面にさっくりと焼けたきつね色の薄い層があり、中はたっぷりの水分を含みつつ熱々に温まっているもの。トーストを科学の目線で徹底的に追究したBALMUDA The Toasterでは、独自のスチームテクノロジーと完璧な温度制御によって誰でも簡単に、驚くほどおいしいトーストを作ることができます。

パンの種類に合わせて焼くことができ、最高のおいしさを引き出します。また、一般的なオーブントースターのようにお餅やグラタンなどの調理も可能です。

 

BALMUDA The Toaster
カラー:ブラック、ホワイト、グレー
22,900円+税  357mm(幅)× 321mm(奥行き)× 209mm(高さ)

HACO+CAFEのコップやグラスはすべてiittala (イッタラ)を使っています。

 

iittala (イッタラ)はフィンランドにあるテーブルウェアメーカーで、創業は1881年と100年を超える老舗です。創業当時は、高品質のガラス器が「特別の輝きを持ったガラス」として人々を魅了しました。21世紀に入「キッチン」はよりオープンなコミュニケーションの場である「リビングルーム」のように変化しつつあることを受けいろいろなバリエーションを展開しています。ガラス器だけでなくTeema(ティーマ)などテーブルウェア全般を手掛け、カイ・フランクを始めとした世界的に有名なデザイナーが手掛けた作品が数々の賞を受賞しています。