Koshien Hotel Japan 1930


甲子園ホテル

 甲子園ホテルは、1930年、関西屈指のリゾートホテルとして兵庫県西宮市の武庫川沿いに開業しました。今現在は武庫川学院大学の校舎として使われています。

 中央に玄関・フロント・メインロビーを置き、左右に大きくメインダイニングとバンケットルームを張り出し、その両翼の上階に、集約された客室群を階段状に配した構成となっています。 日本の伝統美が随所に取り入いれられ壮麗な洋風建築の空間と巧みに調和しています。ライトの日本での弟子遠藤新により設計され、フランク・ロイド・ライトの意匠を継承し、独創的な名建築と言われました。竣工当時は、「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称され皇族、閣僚をはじめ、文化人や海外の要人が宿泊。大リーガーのベーブ・ルースらも利用し、舞踏会では作曲家山田耕作がオーケストラを指揮したといわれています。しかし、太平洋戦争の激化で1944年に国に接収され、海軍病院となり戦後は、アメリカ進駐軍の将校宿舎として10年にわたって使われていました。

 

 1965年「由緒ある建物を管理保存したい」と、学校法人「武庫川学院」が国から譲り受け、同学院甲子園会館と名付け、一部改修して教室として利用するようになり現在でも使われまた、見学者も受け入れ市民向けオープンカレッジとしても活用されています。

 甲子園会館(旧甲子園ホテル)は、日本に残る数少ないライト式の建築であり、国の近代化産業遺産および登録有形文化財に登録されています。