Midcentury Eames House  1949

誰もその建物が築65年経過していることを思わせないデザインは、今、街の真ん中に建っていてもおかしくないほどに新しい感覚を芽生えさせてくれます。EAMES HOUSE(イームズハウス)は、アメリカカルフォルニアの海を見下ろす丘の上に建っています。1949-1950竣工の建物はチャールズ&レイ・イームズの住居兼スタジオとして建築されました。ここで数々の名作家具がデザインされました。ユーカリの木がカルフォルニアの熱い陽射しを木漏れ日に変え、原色の外壁とガラスを自然と風景になじませています。どうして、こんなにも新しい建物を創造することができたのでしょう、現地に赴き感じたことは、この建物を超える建物はまだ見ていない誰にも真似できないオリジナルだと強く感じる事でした。だからこそ変わらない、イームズによってデザインされた家具は今でも親しまれ愛用されている事の原点を少し見ることができたような気持ちになりました。

撮影日2014年9月4日